微酸性電解水生成装置(CLEAN PURE)

LIVE EARTH Project from SUZUKA。

農薬を使わない
電解水農法にも
手軽に導入できます。

安心・安全の【微酸性電解水】を生成する装置、CLEANPURE。

微酸性電解水って何?

微酸性電解水は水に近い性状のため、洗浄後のすすぎ水として利用でき高い除菌効果を発揮します。水の使用量、作業の手間が削減できるうえ、10~80ppmという低い塩素濃度で使用するため排水設備への影響も少なく、トリハロメタンが生成しにくく安全性に優れており、殺菌に関わる作業者、器具、環境に対して、安心してお使いいただけます。

食品への残留性が低く、同濃度次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)の約150倍の殺菌応力があるといわれています。

  • 次亜塩素酸ナトリウム溶液:
    安定性は良いが有効な次亜塩素酸の比率が低いので、200ppmという高濃度で使用する必要があり、ニオイ(塩素臭)などの問題がある。
  • 強酸性電解水:
    pHが低いこともあり、低濃度でも殺菌効果を発揮するが、サビや塩素ガスの発生には注意が必要。
  • 弱酸性電解水:
    強酸性電解水に比べて、比較的安定しているが、サビや塩素ガスの発生には注意が必要。

高い効果がある次亜塩素酸で、さまざまな微生物に対応。

細菌 処理前菌数 微酸性電解水
有効塩素濃度
生育の有無
30秒後 60秒後
大腸菌(O157:H7) 5.2*108 10ppm
リステリア 2.5*108
緑膿菌 3.7*108
サルモネラ 2.1*108
セラチア 2.9*108
黄色ブドウ球菌 1.8*108
エルシニア 4.8*108
腸炎ビブリオ 3.2*108
3.2*108 30ppm
3.1*107 10ppm
カンピロバクター・コリ 4.0*108
カンピロバクター・ジェミニ 6.0*107

クリーンピュアは微酸性電解水を手軽に生成できる装置です。

微酸性電解水:有効塩素濃度は表中に記載、ph6.0、室温、試験液10mLに菌液1mLを添付し、ここから30秒後、60秒後に1白金耳を液体培地に接種、培養し培養液の混濁したものを+、しなかったものを-とした。
●試験依頼先/財団法人日本食品分析センター ●試験成績書発行年月日/平成14年10月17日 ●試験成績書発行番号/第102071681-001号 ●森永乳業株式会社作表

電解水農法への導入イメージ

生成された電解水を一度タンクへ貯め噴霧します。

微酸性電解水を電解水農法へ導入するイメージ。

電解水農法への導入イメージ

微酸性電解水の使用事例の一例

微酸性電解水による
カビ抑制効果検証

検証方法

カート洗浄室の壁面(縦45cm*横35cm)に1日1回微酸性電解水4Lを2ヶ月散布しました。

検証結果

散布していない箇所では、検証開始から1週間程度でカビが発生した。1ヶ月後には、散布した場所(右図の白線内)では、目視でカビは確認できませんでした。

食材を活かす特性

褐変抑制

微酸性電解水は食品の品質への影響が少ない上、野菜の褐変を遅らせ、みずみずしい食感を保ちます。下の写真は、水・次亜塩素酸ナトリウム・微酸性電解水で処理を行い、冷蔵庫でラップをして6日間保存したものです。微酸性電解水で処理したレタスはみずみずしさを保っていることがわかります。

食感への影響少

微酸性電解水は、殺菌作用時の刺激が弱く食品の細胞を傷つけにくく、品質劣化が次亜塩素酸ナトリウムと比べて少ないため、処理後もシャキシャキとした食感をお楽しみいただけます。またあ、残留性が低いため気になる塩素臭もほとんどありません。

まな板の除菌効果試験

洗浄前の汚れたまな板から標準寒天培地にスタンプしたものと、それぞれの水で15秒間ブラシでこすりながら流水洗浄し水分を除去後、同じ場所から標準寒天培地にスタンプしたものを培養して比較

手のひらでの除菌効果試験

汚れて放置した雑巾に手のひらを押しつけ、それぞれの水で5秒間流水洗浄し水分除去後、標準寒天培地にスタンプして培養。

2016/08/20